アパート・マンション経営

堀江俊樹の記事一覧

担当業務土地活用コンサルタント

誠実な対応で、お客様の真のニーズと市場動向を融合したご提案をします!ご契約時の喜びよりも、安定経営実現中のお客様の笑顔が私たちのエネルギーの源です!

堀江俊樹

土地活用コンサルタント

相続と正面から向き合う

みなさん ごきげんいかがですか!?

土地活用チームの堀江です。

 

連日猛暑の中、東京オリンピックの競技が行われていますね。

毎日のメダル獲得状況や、選手のうれし涙や悔し涙が報道されています。

その報道を見るたびにもらい泣きしてしまいそうになります。

(してますが・・・💦)

まだまだ競技が続きますので、テレビやパソコン、スマホを見ながら応援しましょう!

 

さて、先日戸建賃貸ユニキューブの完成見学会のご案内であるお客様を訪問しました。

しばらくお会いしていなかったのでお客様の状況が変わっておりました。

お父様が数か月前に他界されてしまったとのことでした。

つまり相続が発生しておりました。

 

相続人はご本人含む兄弟3人、お一方との調整がまとまらず、一先ず不動産は共有にするとのこと。

ご本人は、不動産の共有は避けるべきだということは承知の上で、そうせざるを得ない。

というご判断をされたそうです。 もちろんその後のお考えもあるようですが、

もう少し早く、もう少し踏み込んだお話ができていれば違う展開になったかもしれません。

 

遺す方と引継ぐ方双方が、もしもの時のことを正面から向き合うことができれば

将来の不安を少なくできると思います。

 

当社では相続に対して正面から向き合い、一歩踏み出せるきっかけとなる場を設けております。

ぜひ、『不動産相続勉強会』に参加していただき、そのきっかけとしていただけたら大変嬉しく思います。

現在は相続勉強会を個別でも開催しておりますので、お気軽にお声掛けください。

 

お盆休みが近づいております。

ご家族が集まるときに一言「もしもの時にどうするの?」と発信していただきたいと思います。

 

川越エリアの相続相談なら、川木建設の不動産のプロにおまかせ 不動産相続の相談窓口 詳しくはこちら

堀江俊樹

土地活用コンサルタント

7/17小江戸塾が近づいてまいりました

みなさん ごきげんいかがですか!?

土地活用チームの堀江です。

 

梅雨真っただ中、蒸し暑さ+コロナ禍で息苦しい日が続いておりますが、

皆様、体調はいかがですか? 無理せず一休みしながら体調管理していきましょう!

 

さて、コロナ禍で延び延びになっていた小江戸塾。今度の土曜日17日にウェスタ川越にて開催いたします。

 

今回のテーマは、「徹底解説! アフターコロナを生き抜く賃貸経営」です。

 

講師は、オーナーズエージェント株式会社 コンサルティング事業部 課長の高橋 宏 氏。

私たちの生活を脅かす新型コロナウイルス。

その影響は観光業、飲食業だけでなく、賃貸業界にも及んでいます。

コロナ禍によってもたらされた業界の変化を検証すると同時に、アフターコロナを生き残るための賃貸経営について考えます。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、定員数を25組に制限しておりますので、ご参加をご希望の方は、早めにご予約をお願いいたします。

まだ少し空きがございますので、ご連絡お待ちしております!

第78回 資産活用大学 小江戸塾 徹底解説! アフターコロナを生き抜く賃貸経営 2021年7月17日(土) 詳しく見る

堀江俊樹

土地活用コンサルタント

修繕積立金の経費算入実現間近!?

みなさん ごきげんいかがですか!?

土地活用チームの堀江です。

 

今日はいい天気でしたね。

「梅雨の晴れ間は五月晴れ・・・」という昔のCMのフレーズを思い出しました。

油断せずに夕立、ゲリラ豪雨にはお気を付けください。

道路が冠水していたら、「このくらい大丈夫だろう」と思わずに、車を止めてちょっと休憩してくださいね。

(車水没させた経験者は語る・・・でした)

 

さて、今回は本日付けの週刊全国賃貸住宅新聞に

「修繕積立金の経費算入実現間近」

という記事が掲載されていましたのでお知らせいたします。

自民党の「ちんたい議連」が9日に2021年度の総会を開いて、上記の実現が間近で

現在国交省で詳細について議論を進めているところ、とのことです。

 

アパマン提案で事業収支計画を作成している身としては、お客様のメリットとして

きちんとご説明させていただきたいですね。

早々の実現を楽しみにしております。

堀江俊樹

土地活用コンサルタント

区切りの日です

みなさん ごきげんいかがですか!?

土地活用チームの堀江です。

 

今日は弊社の区切りの日です。

第56期の最終日。

材木商として明治2年に創業、昭和21年に法人化し、川越木材工業株式会社を設立

昭和40年に建築土木部門を分社化して、川木建設株式会社を設立しました。

そこから満56年。(創業152年)

 

地域の皆様に継続的にご支援いただき、何とか第56期を終えることができます。

本当にありがとうございます。

 

明日から第57期のスタートです。

地域の多くの皆様に喜んでいただけるようなお一層精進してまいります。

引き続きご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

堀江俊樹

土地活用コンサルタント

ウッドショック

みなさんごきげんいかがですか!?

土地活用チームの堀江です。

 

みなさん「ウッドショック」という言葉を耳にされたことはありますか?

「オイルショック」ならご存じ方は多いかもしれません。

 

「ウッドショック」とは、木材が供給不足に陥り、価格が高騰する

ことだそうです。これは、コロナ禍で米国の住宅需要が高まり、中国の木材需要の増加と世界的なコンテナ不足等による流通難などが原因とのことです。

 

すでにその影響が顕在化してきています。

ある住宅会社では、「木材が届かず着工を延期した」「工事請負契約を済ませた住宅の木材費に大きな損失がでた」ということが具体的に出ているそうです。

当社でも影響が出てきています。

木材の高騰、納期の遅れ等が日に日に悪い方向に進んでいる印象です。

まだまだ不明確なことが多くて流動的のようです。

現在ご計画を進めている方や、ご検討されている方には現状を丁寧にご説明させていただきます。

 

みなさんも一緒に今後の「ウッドショック」の報道を注視してまいりましょう。