セミナー・見学会

8/19(水)「第27回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年8月19日(水)、ウェスタ川越にて「第27回不動産相続勉強会」を開催しました。前回に引き続きご参加いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 

第6クールの2回目となる今回のテーマは「贈与と遺言書」。生前にできる相続対策という視点からお話を進めていきました。前半は贈与について、暦年課税制度と相続時精算課税制度、その他の特例、贈与を行う上での留意点などまとめてお伝えしました。後半は遺言書について、遺言書の種類と書き方、遺言書が特に必要なケース、遺言書を巡って争いが起きた事例のご紹介など行いました。

 

また、今回は最新情報として、民法改正に伴い2020年7月10日より施行された、法務局における自筆証書遺言の保管制度についても取り上げました。これまで自筆証書遺言は、作成されたご本人がご自宅等で保管することが基本でした。しかし、遺言書を紛失してしまったり、改ざんや破棄されるといったリスクがありました。新制度の利用により、こうしたリスクから遺言書を守れるほか、家庭裁判所による検認の手続きも不要となります。施行日以前に作成された遺言書も対象となっていますので、必要に応じてご利用をご検討いただければと思います。

 

さて、次回は全5回シリーズの折返しとなる3回目、「相続税と不動産評価」をテーマにお話します。不動産相続勉強会の肝である「不動産」に関する話題がいよいよ登場です!次回も皆様にお役立ていただけますよう、しっかりお話させていただきます。