セミナー・見学会

9/16(水)「第29回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年9月16日(水)、ウェスタ川越にて「第29回不動産相続勉強会」を開催しました。第6クールの後半戦がスタート!皆様継続的にご参加いただき、重ねて御礼申し上げます。

 

今回のテーマは「STEP4~納税・節税の対策方法~」。前回は相続税について、税率や基礎控除、計算方法の大まかな流れをご説明し、まずは相続税がかかるかどうか、どのくらいかかりそうかという目安を把握していただきました。実際に相続税がかかる場合、10ヶ月という期限内に現金一括納税が原則となっています。納税資金の準備方法、また場合によっては節税を検討するためのポイントを解説いたしました。

 

さまざまな対策の中でも、皆様の関心が高いのが、生命保険の活用です。生命保険の保険金は、本来、亡くなった方が築いた財産というわけではありませんが、亡くなったことを原因として相続人の方が受け取るという性質から、「みなし相続財産」として扱われ、相続税の課税対象となる場合があります。ただし、この保険金には非課税となる枠が設定されています。「500万円×法定相続人の数」が非課税の限度額となっており、例えば法定相続人が3名であれば1500万円まで相続税の課税対象にはなりません。また受取人も指定できますので、相続人の方が納税資金に充てるための現金を確保するのに有効な手段の一つです。非課税となる額を把握した上で、生命保険の活用についてもご検討いただけると良いと思います。

 

さて、次回は第6クールの最終回です!「STEP5~成年後見制度と民事信託~」と第して、認知症への備えを大きなテーマとしてお話します。全5回の勉強会を通して、皆様に相続に関する知識を幅広く得ていただけましたら幸いです。