インフォメーション

相続勉強会

9/30(水)「第30回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年9月30日(水)、ウェスタ川越にて「第30回不動産相続勉強会」を開催しました。「新しい生活様式」が推奨される中での初めての開催となり、各種対策を講じるとともに、ご参加の皆様にもいろいろとご協力をいただきました。おかげさまで、全日程を通してのべ50名を超えるご参加をいただき、第6クールを無事に終了できましたこと、あらためてお礼申し上げます。

 

川木建設不動産相続相談室 不動産相続勉強会 講師 夢川

 

今回のテーマは「STEP5~成年後見制度と民事信託~」でした。認知症への備えという視点から、発症後に使える成年後見制度、発症前に事前対策をしておく民事信託という位置づけでご紹介させていただきました。高齢化が加速する中、認知症への対策は財産を「遺す」方にとっても、「受け継ぐ」方にとっても重要な問題となってきています。いずれにせよ、お元気なうちから将来を見据えて、ご家族にご協力いただきながら対策を進めることが不可欠かと思います。相続勉強会では全般的な知識・情報をご紹介しておりますので、参考にしていただきつつ、実際にどの制度を利用するかは専門家の先生にもご相談いただくことをお勧めしています。

 

第6クールは、親子やご家族、ご友人とお誘い合わせになってのご参加も多かったのが印象的でした。相続は、ご自身やご家族と向き合う課題がいろいろと出てくる場面が多くあります。勉強会を通じてお一人でじっくり学ばれるのも良いですし、ご家族や身近な方と情報を共有する場としていただくのも良いと思います。重みのあるテーマではございますが、今後も相続について前向きに考えていただくきっかけとなる場を提供していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、来月よりスタートする第7クールは2020年の最終クールとなっております。現在ご予約を受付中ですので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

■■■不動産相続勉強会 第7クール開催スケジュール■■■

◆10月21日(水) STEP1 相続の基礎知識

◆11月4日(水) STEP2 贈与と遺言書

◆11月18日(水) STEP3 相続税と不動産評価

◆12月2日(水) STEP4 納税・節税の対策方法

◆12月16日(水) STEP5 成年後見制度と民事信託

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、各回5組限定とさせていただきます。

☆ホームページからのご予約⇒不動産相続勉強会 ご予約ページ

☆お電話でのご予約⇒049-242-2112(相続勉強会ご参加希望とお伝えください)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

9/16(水)「第29回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年9月16日(水)、ウェスタ川越にて「第29回不動産相続勉強会」を開催しました。第6クールの後半戦がスタート!皆様継続的にご参加いただき、重ねて御礼申し上げます。

 

今回のテーマは「STEP4~納税・節税の対策方法~」。前回は相続税について、税率や基礎控除、計算方法の大まかな流れをご説明し、まずは相続税がかかるかどうか、どのくらいかかりそうかという目安を把握していただきました。実際に相続税がかかる場合、10ヶ月という期限内に現金一括納税が原則となっています。納税資金の準備方法、また場合によっては節税を検討するためのポイントを解説いたしました。

 

さまざまな対策の中でも、皆様の関心が高いのが、生命保険の活用です。生命保険の保険金は、本来、亡くなった方が築いた財産というわけではありませんが、亡くなったことを原因として相続人の方が受け取るという性質から、「みなし相続財産」として扱われ、相続税の課税対象となる場合があります。ただし、この保険金には非課税となる枠が設定されています。「500万円×法定相続人の数」が非課税の限度額となっており、例えば法定相続人が3名であれば1500万円まで相続税の課税対象にはなりません。また受取人も指定できますので、相続人の方が納税資金に充てるための現金を確保するのに有効な手段の一つです。非課税となる額を把握した上で、生命保険の活用についてもご検討いただけると良いと思います。

 

さて、次回は第6クールの最終回です!「STEP5~成年後見制度と民事信託~」と第して、認知症への備えを大きなテーマとしてお話します。全5回の勉強会を通して、皆様に相続に関する知識を幅広く得ていただけましたら幸いです。

 

9/2(水)「第28回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年9月2日(水)、ウェスタ川越にて「第28回不動産相続勉強会」を開催しました。第6クールの折返しとなる今回は、「STEP3~相続税と不動産評価~」をテーマにお話しました。

 

前半では相続税の概要について、現在の基礎控除額や税率を確認したあと、実際の相続税計算の流れをご説明しました。まずは相続税がかかるのかどうか、かかるとしたらどのくらいか、ご自身で目安を把握していただくことが大切かと思います。それを踏まえて納税資金の準備や節税についても考えていくことになります。(納税・節税の対策方法は次回STEP4で詳しくお話します)

 

後半では、不動産評価の方法をお伝えしました。現金であれば、「評価」と「価値」が等しいので分かりやすいですが、不動産は実際に市場で売買される価格と相続財産としての評価額が大きく異なります。また、ご自宅のように自分で使用しているのか、借地や賃貸住宅のように人に貸しているのかによっても評価方法が変わります。その土地の状況によっては評価額が下がる場合もあり、現地調査を含めお持ちの不動産の現状、評価と価値を確認しておくことが大切です。

 

相続税を計算するためには、さまざまな財産の評価額を把握することが欠かせません。その中でも不動産は評価の方法が複雑になっています。不動産の評価額算出を含め、相続税の試算のお手伝いもさせていただきますので、お気軽にお声掛けください。(※当社での試算はあくまで目安となります。個別の具体的な全額計算、申告納税手続き等に関しては、必ず税理士にご確認ください)

 

次回は「STEP4~納税・節税の対策方法~」をお話します。第6クールもいよいよ佳境を迎えます!最後までしっかりとお話してまいります。

8/19(水)「第27回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年8月19日(水)、ウェスタ川越にて「第27回不動産相続勉強会」を開催しました。前回に引き続きご参加いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 

第6クールの2回目となる今回のテーマは「贈与と遺言書」。生前にできる相続対策という視点からお話を進めていきました。前半は贈与について、暦年課税制度と相続時精算課税制度、その他の特例、贈与を行う上での留意点などまとめてお伝えしました。後半は遺言書について、遺言書の種類と書き方、遺言書が特に必要なケース、遺言書を巡って争いが起きた事例のご紹介など行いました。

 

また、今回は最新情報として、民法改正に伴い2020年7月10日より施行された、法務局における自筆証書遺言の保管制度についても取り上げました。これまで自筆証書遺言は、作成されたご本人がご自宅等で保管することが基本でした。しかし、遺言書を紛失してしまったり、改ざんや破棄されるといったリスクがありました。新制度の利用により、こうしたリスクから遺言書を守れるほか、家庭裁判所による検認の手続きも不要となります。施行日以前に作成された遺言書も対象となっていますので、必要に応じてご利用をご検討いただければと思います。

 

さて、次回は全5回シリーズの折返しとなる3回目、「相続税と不動産評価」をテーマにお話します。不動産相続勉強会の肝である「不動産」に関する話題がいよいよ登場です!次回も皆様にお役立ていただけますよう、しっかりお話させていただきます。

 

 

8/5(水)「第26回不動産相続勉強会」を開催しました

2020年8月5日(水)、ウェスタ川越にて「第26回不動産相続勉強会」を開催しました。こちらの勉強会は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、4月より開催を見合わせておりましたが、今回から再開する運びとなりました。新クール開催にあたり、新たなお客様がご参加くださり、良きスタートを切ることができました。ご予約・ご参加いただきました皆様に重ねて御礼申し上げます。

 

川木建設不動産相続相談室 2020年不動産相続勉強会

 

新クールの初回となる今回は、「STEP1~相続の基礎知識~」をお話しました。前半では、相続に関する法律(民法)のルールと、人が亡くなってから相続税納税期限である10ヶ月間にすべきことを順を追って見ていきました。また後半では、遺産分割協議の進め方と留意点について、ポイントを解説いたしました。質疑応答も活発で、皆様ご自身のケースを思い浮かべながらお聴きいただけたようでした。

 

相続への備えとして、まずは知識を得ること、そして事前に準備を進めておくことが大切です。相続税の納税や節税など、「お金に関すること」に視点が向きがちですが、一番重要なのは「もめないこと」。いくらお金の問題が解決しても、相続を巡ってご家族のお気持ちがバラバラになってしまったらとても悲しいことです。ご家族のこれまでの歩みを振り返り、財産を遺す方も受け継ぐ方も笑顔になれるような方法を考えていただければと思います。

 

不動産相続勉強会では全5回を1クールとして、もめない相続のためのヒントをお伝えしています。次回は「STEP2~贈与と遺言書~」をテーマに、生前にできる対策という視点からお話を進めてまいります。勉強会でご質問をお受けするほか、相続に関する個別相談も随時受け付けております。皆様の相続対策にお役立ていただけましたら幸いです。