セミナー・見学会

相続勉強会

10/2(水)「第15回相続勉強会~成年後見制度と民事信託~」を開催しました

 

2019年10月2日(水)、ウェスタ川越にて「第15回相続勉強会」を開催いたしました。第3クールの締めくくりとなる今回は、「STEP5~成年後見制度と民事信託~」をテーマにお話しました。認知症高齢者数の増加という社会的な背景もあり、認知症への備えとして活用できる制度について、参加者の皆様も大変関心を持っておられました。

 

前半は成年後見制度についてお話しました。成年後見制度は、判断能力が低下してしまったご本人の財産を管理し、その方を保護するための制度です。後見には二つあり、「法定後見」は家庭裁判所が後見人を選任するもので、「任意後見」は本人が判断能力が低下する前に自分で選んだ人を後見人とする契約を結んでおくものです。それぞれの特徴や活用する際の注意点などをお伝えしました。

 

後半は民事信託についてです。民事信託は、財産を預ける人(委託者)と預かる人(受託者)の間で行われる信託契約に基づくものです。受託者は無報酬で委託者の財産管理・運用等を行います(受託者が報酬を受けて行う信託は商事信託と呼ばれ、これに対して家族間等で無報酬で行われる信託が民事信託と呼ばれます)。財産管理・運用を行う中で得られた利益を受け取る人を受益者といい、委託者=受益者となるケースが多くみられます。勉強会では、高齢のお父さんが長男に財産管理を任せるというケースを想定して、民事信託の仕組みを解説しました。

 

STEP1~4とは少々異なるテーマではありましたが、今回もたくさんのご質問をいただき、活気のある勉強会となりました。また、お帰りの際に『今まで知らなかったことが知れたので良かった』『さらに勉強して理解を深めたい』といった前向きなご感想も伺うことができ、とても嬉しく思いました。

 

「相続」は、「相(かたち・すがた)」を「続」けると書きます。ご家族にとってのあるべきかたち、こうなりたいという姿を世代を超えて続けていくことが相続なのではないでしょうか。相続勉強会が、皆様のもめない相続・笑顔の相続のためにお役に立てましたら幸いです。

 

第3クールは本日で終了となりましたが、年内にもう1クール開催予定となっております。今年のうちに相続について基礎から学んでおきたい!という皆様、ぜひお気軽にご参加ください。

◆開催日程確認・ご予約はこちらから⇒不動産相続勉強会

 

(相続勉強会 講師 夢川)

9/18(水)「第14回相続勉強会~納税・節税の対策方法~」を開催しました

川木建設 不動産相続相談室 相続勉強会講師 夢川

 

2019年9月18日(水)、ウェスタ川越にて「第14回相続勉強会」を開催しました。今回のテーマは「STEP4~納税・節税の対策方法~」でした。前回「STEP3~相続税と不動産評価~」では、相続税計算の仕組みについて解説し、まずは相続税がかかるかどうか、どのくらいかかりそうか目安を知っていただきました。続く今回は、実際に相続税がかかる場合、納税資金をどのように準備するか、節税という視点からできることはないかをご紹介いたしました。

 

納税資金準備については、一般的に行われる手法として生命保険金の非課税枠を活用した現金の遺し方、そして不動産を売却して納税に備える方法をお話しました。不動産売却については、譲渡所得税に加えて、「相続税の取得費加算」制度の利用についてもご紹介し、参加者の皆様も高い関心を持っておられました。

 

節税対策については、養子縁組や生前贈与等、昔からよく行われているさまざまな手法を取り上げました。また、後半では不動産を活用した対策として、アパート建築による節税の仕組みを中心にお話いたしました。前回の不動産評価のテーマでも「評価」と「価値」のお話が出てきましたが、節税のポイントもここにあります。不動産は相続財産としての評価額と、実際の市場価値に乖離が生じやすく、ここに注目することで見えてくる対策方法がいろいろとあります。

 

STEP3・4は相続において争いの火種になりやすい「不動産」について取り上げており、相続勉強会の中でも少々難易度の高い“山場”と言えるかもしれません。不動産の評価方法や活用方法を交えた相続対策のお話は、当社の相続勉強会の特徴となっております。皆様が不動産と相続についてご理解を深めていただける機会となりましたら幸いです。

 

さて、次回は第3クールの最終回として「STEP5~成年後見制度と民事信託~」をテーマに開催いたします。認知症への備えという視点から相続対策を考える回となっております。超高齢化社会に突入し、認知症患者数もますます増える昨今、相続に備えてやっておきたいこと・新たに注目されている手法などをご紹介しますので、ご参考にしていただければと思います。

 

次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

(相続勉強会 講師 夢川)

 

 

9/4(水)「第13回相続勉強会~相続税と不動産評価~」を開催しました

2019年9月4日(水)、ウェスタ川越にて「第13回相続勉強会」を開催しました。今回は参加者様が偶然にも女性のみの回となり、大変和やかな雰囲気の中で開催させていただきました。ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

川木建設 不動産相続相談室 相続勉強会 講師 夢川

 

今回のテーマは「相続税と不動産評価」です。相続税計算の流れを知ることで、「相続税がかかるのかどうか」「どのくらいかかりそうか」、ご自身でも大まかな目安を把握していただきたいという趣旨で開催しております。

相続税を計算するにあたっては、まずお持ちの財産を棚卸しして、プラスのもの、マイナスのものを含めた相続財産の全体像を把握することが必要です。そして、法定相続人となる方の人数を確認し、基礎控除額がいくらになるかを知っておきます。相続財産の総額から基礎控除額を差し引くことで、相続税が課税される対象となる部分が分かり、それに対する相続税率を確認して相続税を計算する…以上がおおまかな流れになります。(勉強会ではさらに詳細な手順を解説しております)

 

相続財産の評価の中で、最もややこしいのが不動産の評価かと思います。土地や建物は、市場で取引されている価格(価値)と相続財産としての評価額(評価)に乖離が生まれやすいものです。また、ご自宅のように自分で使っているのか、借地や賃貸建物のように他人に貸しているのかでも評価が変わってきます。不動産の評価がどのように行われるのか、実例を交えながらお話させていただきました。

 

これまでに相続勉強会にご参加された方から、『自分の持っている不動産の評価が、どのくらいになるのか知りたい』『相続税の目安をシミュレーションしてほしい』というご要望をいただくことが多くありました。そこで今回より、相続勉強会ご参加の皆様に向けて、「無料相続診断サービス」を開始いたしました。ご家族構成と財産に関する簡単な質問シートをご記入いただくだけで、当社で相続税の概算をシミュレーションさせていただきます。

川木建設 不動産相続相談室 無料相続診断 相続税シミュレーションサービス

あくまで大まかな目安ではございますが、相続対策の第一歩としてぜひご利用いただければ幸いです。相続勉強会と併せて、無料の相続診断・個別相談も随時実施しておりますので、ご希望の方はお気軽にお申しつけください。

※実際の相続税計算・申告・納税等に関しては税理士の先生にご相談ください。(当社提携の税理士の先生をご紹介することも可能です)

 

それでは次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

(相続勉強会 講師 夢川)

 

 

 

 

8/21(水)「第12回相続勉強会~贈与と遺言書~」を開催しました

2019年8月21日(水)、ウェスタ川越にて「第21回相続勉強会」を開催しました。秋の気配が感じられるようになったとはいえ、まだまだ残暑の厳しい中、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

 

第3クール2回目となる今回のテーマは「贈与と遺言書」です。各クールでも特に人気の高いテーマとなっております。生前に行える対策という視点から、財産を予め分け与えておく「贈与」と、誰に何を相続してほしいか意思表示をしておく「遺言」についてお話いたしました。質疑応答も活発で、皆様ご理解を深めていただけたご様子でした。

 

今年は改正民法が順次施行されています。今回のテーマに関連する内容としては、2019年1月13日より、「自筆証書遺言の方式緩和」が施行されました。改正前まで、自筆証書遺言は財産目録を含めて全文を「自筆」することが要件となっていました。今回の緩和により、財産目録についてはパソコン等で作成したり、不動産登記簿謄本や銀行通帳のコピーを添付したりすることも可能となりました(ただし、添付する目録にはすべて署名・押印をする必要があります)。

 

相続財産として、不動産や銀行口座を数多くお持ちの方はすべてを自筆するのに時間と労力がかかっていたことと思います。また、せっかく書いても間違えてしまったり、それを訂正するのにも手間がかかりました。これから自筆証書遺言を書かれる方は、ぜひ新たな方式をご利用いただければと思います。

 

「相続勉強会」参加者様の中には、相続をすでにご経験されていたり、以前勉強していたりという方もおられますが、『今の相続がどうなっているのか知りたい』というご要望からご参加されている方が多くいらっしゃいます。皆様に最新情報をお届けすべく、勉強会の資料は法改正等に順次対応しておりますので、ぜひご活用ください。

 

それでは次回も皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

(相続勉強会 講師 夢川)

 

 

第3クールスタート!8/7(水)「第11回相続勉強会」を開催しました

2019年8月7日(水)、「第11回相続勉強会」を開催し、相続勉強会の第3クールがスタートいたしました!夏日の大変暑い中、ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

川木建設 不動産相続相談室 相続勉強会 講師 夢川

 

各クールの初回となる「STEP1」では、相続の基礎知識をテーマにお話しています。法定相続人や法定相続分など、相続に関する法律上の決まり、人が亡くなってから相続税を納める10ヶ月という期間ですべきこと、遺産分割協議の流れについて取り上げました。相続について学んでいただく第一歩ということで、皆様熱心にご受講くださいました。『とても分かりやすく、余談にも興味が持てました』『資料が見やすい!永久保存版にします』などなど、嬉しいご感想もいただきました。

 

今回は、資料についてもお褒めの言葉を多くいただいたのが印象的でした。相続勉強会の資料として、参加者の皆さんにはレジュメと補足資料をお配りしています。また、レジュメは要所要所が穴埋め式になっており、同じものをスクリーンに上映しながら、ご自身で書き込んでいただくスタイルをとっています。今年は民法の相続分野も改正法が続々施行されていますので、そうした部分は最新情報にアップデートしながら、今後も皆さんに重宝していただける資料にしていきたいと思います。

 

次回の相続勉強会は、お盆明けの8/21(水)、「第12回相続勉強会」を開催します。内容は「STEP2~贈与と遺言書~」、これまでの開催でも、特に人気のテーマとなっております。順調にご予約が入っており、お席は残り少なくなってまいりましたが、引き続きご参加をお待ちしております。

 

お盆はご家族で集まる機会も多いと思いますので、ぜひご家族の将来のこと、相続についてもお話いただく時間を持っていただけたら嬉しいです。ご家族やご夫婦での相続勉強会へのご参加も、お気軽にどうぞ。

 

(相続勉強会 講師 夢川)